以外な需要

金額の傾向についてご紹介します。

今後のウェディングにおける電報の値段はそれほど変わることはなく横ばいが続く動向にあると思われます。 しかしウェディングですので派手な多数のバルーンをつけたものや、たくさんのぬいぐをあしらったもの、またテディベア付きのものなど、比較的値段が高価なももがウェディング電報として販売される動向があります。 ウェディング電報を送るほうはせっかくにウェディングに行けない気持ちをウェディング電報でお祝いに気持ちを最大限に表すことができますし、またウェディング電報を受け取った方もとても気分が華やかになりますので豪華な金額的にもそれなりのウェディング用のものは多くはんばいされる動向にあります。 このように多少多様なももが出ています。

ウェディングの電報の歴史についてご紹介します。

本来電報というものは、電話がない時代に至急の伝言や連絡をするためにできたものです。 そうか歴史は非常に古く、明治時代の初期にはすでに横浜と東京間で電報が打たれるよになり、その後、昭和には全国規模に拡大しました。 しかし戦後になり高度経済成長を迎えると一般家庭にも電話が普及するようになると、電報はあまり使われることがなくなりました。 しかし再ブレークするよになったのはテレビで電報に人形がつけられて送信されるようになるとそもかわいいさからウェディングでも電報がおいわいにつかわれるようになりました。 特にウェディングではお祝いメッセージとともにバルーンやぬいぐるみをつけておくるようになりました。 これが平成にはいってからのことです。